小さなカフェのおもしろさ

オーランドピープルズは平凡な夫婦で営む小さなカフェですが。
小さいお店を始めて改めてよかったなと思う今日この頃、

今まで、10年ほど飲食店を経営していて、売上規模が増すにつれて

経営ってことに対していろんな事を考えなきゃいけなくて、

どんどん現場から奥の方奥の方へ、次第に数字を追いかけるように

なっていた過去の自分を振り返る

決して過去の自分が悪かったわけじゃないとは思う

いつも良い商品を提供しようってがんばってはいたと思う

けど何かが足らなかったんだよね

それが今ようやく身に染みてよくわかったような気がする。

やはり僕は経営者としては失格なのかもしれない

あまり数字のこととか考えたくないんだよね

面倒臭いから、

まー商売なんだからある程度ね売り上げっての必要なんだけれども

それありきで物事をスタートさせちゃうとなんだか

あじけのないものになっちゃうようで

僕はただカフェとゆう業態でどっぷり10年以上関わってきて

このカフェとゆうお仕事をもっとね掘り下げて

自分の生涯やってきた足跡をちゃんと残していく作業を

これからちゃんとしていきたいんですよね

まーそれが私なりの「カフェ道」てものをねちゃんと

確立したいわけなんです。

このサービス業においてやっぱり一番大事なのは

お客さんに喜んでもらう

そして

それを受け取って

そしてまた喜んでもらうために頑張る

それが原点で全てなんじゃないかなと思う

わけで、

口では言えるものの、最近それをつくづく実感

したしだいでございます。

今、小さなカフェを夫婦2人でやり始めたわけですが


お客さんに美味しかったよーって
わざわざ言ってもらえて
笑顔で帰っていかれる事が
こんなにも嬉しいことかと
しみじみ感じる今日この頃

常にお客さんと近い距離感でいられるから
フィードバックもたくさんいただけるし

間近だからこそ一瞬一瞬に魂がこもる
ってもんで
目の前にお客さんがいてさ、その人の
喜んでくれる顔が見たいわけよ
まーたしかに、2人だからさ
ばばばってお客さんに来られちゃうと
どーしてもさ、
もたついたりはしちゃうんだけど
その点については本当にお客さんには
申し訳ないと思ってます
駐車場も少ないしね
そんな時


あースタッフがいたらな〜
なんて思う事はあるんだけど

”忙しいから、従業員を募集する”

ってなる結局さ、その雇用関係が

味気ないものになっちゃう気がしてね

今はまだ純粋に、
いい物作って
お客さんに喜んでもらう

それがちゃんとできていれば
それだけで十分なのかな?

結果は良かれ悪かれ後々についてくるもんなんだと

思い、今はここに集中してたいと
思う今日この頃でございました

しかしなが、僕自身まだまだやりがいことはある

夫婦2人ではとうていできっこないから

いずれは、メンバーを増やしていくことになるんだとは

思うけど、お客さんによろこんでもらうことに対して

一生懸命になれる人をメンバーにしていきたいなと

思わけでございます。