秋のセダム植え替え記録

こんにちはNAOKIです。今回は以前まとめて購入した赤ちゃん苗を
まとめて植え替えしました

赤ちゃんセダムの苗達の紹介

9月の初めごろにセダムの赤ちゃん苗をまとめ買いしたんですが、ぜんぜんまとめきれず

今回は植え替えのところからスタートします。

ビアポップ

オーロラ

ロスラリアプラティフィラ

リトルビューティー

春萌

千代田の松

レディジア

虹の玉

コチレドンペンデンス

リトルゼム

恋心

センベルビウムプルプレウム

9月は成長が早い!

多肉小物って成長が遅いって思ってたんだけど。

9月の初めに購入した苗達があっとゆうまにすくすく育ってしまったわけで、

もうすでに10月に入ってしまいましたほんの1ヶ月で結構成長するもんですねー

届いた時のおうちが窮屈そうなんで慌ててちょっと大きなお家にお引っ越ししなきゃ

あかんぞってなわけで早速植え替えをしていきます。

セダムの植え替え時期

セダムの植え替え時期は 3月、4月、5月、9月、10月

セダムは春秋型の多肉植物で冬と夏を避けて植え替えればよいんですね

植え替え方

多肉植物を植え替えるときは、1週間〜10日水を控え、しっかり土を乾かしてから、植え替えるみたいですね

多肉初心者のNAOKIは普通に昨日までおお水をあげていたのを忘れていました

最近茎が腐っていたり、葉が落ちてしまっている

最近こんな症状の子達がちらほらいたので、なんでやろとは思っていました。

多分の予想ですが、愛情をかけすてお水をまめにあげてしまって根腐れを起こしかけていたのかな

なんてちょっと思ってはいましたが、まさに的中でしたね

さてここでどうすべきか悩みました強行突破で植え替えを決断したわけなんですが

実際触ってみて確信しました。

土が全然乾いていないじゃないかぁーいむしろベタベタ

そりゃあかんわね。

早く気づいてよかったというべきか、それは手遅れなのか今の僕にはまだわかりませんが

注意1 植え替えの前はしばらく水を絶つ

やってしまったかなー。まだ根とか根の周りに結構水を含んでたのに
植え替えちゃったよー( ´Д`)y━・~~

根を乾かさなきゃいけないわけ

基本的に根を乾かしてやる理由に、水を含んでいる状態だと、根と土をバラしにくくて

それを解そうとすると根が切れちゃうからなんだって

根が切れちゃうと何がいけないかって、一応傷ができるわけで、そのまま植え替えると

その傷口から雑菌が入って枯れてしまう原因になってしまうんだとか。

水をあげすぎてしまって根がびしょびしょになってし待っていた今回みたいな
ときはどうすればよかったんだろ?

一旦土に植える前に土から抜いて根の乾燥をさせてあげたらよかったのかな?

やってしまったものはしょうがないよねあとは祈るしかない

とりあえずちょっと大きなポットにお引っ越ししました

それでね、セダムって葉がポロポロ落ちるんですよね日頃からd( ̄  ̄)

植え替えついでに葉挿しで増量

土に落ちた葉っぱ達が知らぬ間に発根してるじゃありませんか

発根してるのを見ると小さな感動を覚えます

多肉栽培って面白い

これは虹の玉ってセダムなんだけどちょっとさわるだけどポロポロおっこちちゃうんですよね

だから全部クローンにしちゃいます

この子が虹の玉です

結構発芽率が高くてもしや子供達がたくさん増えるんではないかとちょっと期待しとります

植え替えたついでに、発根した子達とまだ落ちたばかりの子達でトレーをわけて観察をしていきます

植え替えが下手で結構葉を落としてしまったので、この子達も土の上に置いておいてあげます

今回はエケベリアさん達も一緒に葉を少し剥ぎ取って葉挿しの子達を採取しました。

発芽、発根待ちなので日陰で経過観察します。

ちょっと前に誤って葉を落としてしまったグラプトペダルムさんも発芽していたので、虹の玉さんたちと

成長を見守っていこうと思います

落ちた葉からこんな風に発芽するなんて、多肉植物の力強い生命力を感じます

日々小さな感動を覚えます。

>
CTR IMG